読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

備忘録

C#からC++(DLL)の関数を呼び出す

C# C++

Ⅰ. はじめに

C#からC++(DLL)の関数を呼び出す方法です。
いわゆる P/Invoke です。

Win32 API の P/Invoke はこのサイトを利用してコピペしたほうが早いです。
http://www.pinvoke.net/

Ⅱ. サンプル

dllexport.def

EXPORTS 
  GetInt
  GetIntArray
  GetString
  GetStruct

main.cpp

#include <iostream>

int GetInt()
{
  return 123;
}

void GetIntArray(int x[])
{
  x[0] = 1;
  x[1] = 2;
  x[2] = 3;
}

void GetString(char *str)
{
  strcpy(str, "あいうえお");
}

struct Data {
  int id;
  char name[512];
};

void GetStruct(Data *data)
{
  data->id = 1;
  strcpy(data->name, "名前1");
}

Program.cs

struct Data
{
  public int id;
  [MarshalAs(UnmanagedType.ByValTStr, SizeConst = 512)]
  public string name;
}

[DllImport("hoge.dll")]
static extern int GetInt();

[DllImport("hoge.dll")]
static extern void GetIntArray(int[] data);

[DllImport("hoge.dll")]
static extern void GetString(StringBuilder str);

[DllImport("hoge.dll")]
static extern void GetStruct(ref Data data);

static void Main(string[] args)
{
  // int
  Console.WriteLine(GetInt());

  // int配列
  var intArray = new int[3];
  GetIntArray(intArray);
  Console.WriteLine(string.Join(",", intArray));

  // string
  var sb = new StringBuilder();
  GetString(sb);
  Console.WriteLine(sb);

  // 構造体
  var data = new Data();
  GetStruct(ref data);
  Console.WriteLine($"{data.id},{data.name}");
}

Ⅲ. 出力

f:id:kagasu:20170327221250p:plain

.protoをバイナリから作る

リバースエンジニアリング Protocol Buffers

Ⅰ. はじめに

.protoファイルが手元に無い場合はバイナリデータから元データをMessagePackのように完全に復元させることは困難です。
少しでも.protoファイルを楽して作る方法をメモ。

私の知る限りバイナリから自動で.protoを生成するツールは公開されていません。

また、なぜ復元が困難かについてはココで原理を理解するとわかります。
https://developers.google.com/protocol-buffers/docs/encoding

また、この記事でサンプルとして使う元データは以下の通りです。

armor.proto (Version 3)

message Armor {
  uint64 id = 1;
  string name = 2;
  repeated Attribute attribute = 3;
}

message Option {
  uint32 id = 1;
  string detail = 2;
}

データ(C#)

var armors = new List<Armor>();

var fireOption = new Option() { Id = 1001, Detail = "火属性 耐性" };
var waterOption = new Option() { Id = 1002, Detail = "水属性 耐性" };
var woodOption = new Option() { Id = 1003, Detail = "木属性 耐性" };

armors.Add(new Armor() { Id = 100001, Name = "防具001", Attribute = new Option[] { fireOption } });
armors.Add(new Armor() { Id = 100002, Name = "防具002", Attribute = new Option[] { waterOption } });
armors.Add(new Armor() { Id = 100003, Name = "防具003", Attribute = new Option[] { waterOption, woodOption } });

Ⅱ. protofudger を使う方法

GO言語で書かれた非常に優秀なツールです。

ただし、文字列が 1024 * 32バイト(32,768バイト)を超えると例外を吐くので、
fork して修正したものも置いておきます。

https://github.com/deoxxa/protofudger

  • fork

https://github.com/kagasu/protofudger

使い方
protofudger.exe binary_file > out.txt
出力結果
1: {
  1: (varint) 100001
  2: (string) "防具001"
  3: {
    1: (varint) 1001
    2: (string) "火属性 耐性"
  }
}
1: {
  1: (varint) 100002
  2: (string) "防具002"
  3: {
    1: (varint) 1002
    2: (string) "水属性 耐性"
  }
}
1: {
  1: (varint) 100003
  2: (string) "防具003"
  3: {
    1: (varint) 1002
    2: (string) "水属性 耐性"
  }
  3: {
    1: (varint) 1003
    2: (string) "木属性 耐性"
  }
}

Ⅲ. Protobuf Viewerを使う方法


macOSでのみ動作します。(2017/03/17時点)
GUIがあるのでmacOSが使える状況であればコレが一番使いやすいです。

https://sourceforge.net/projects/protobufviewer/

Ⅳ. protoc を使う方法

こちらからダウンロードできます。
https://github.com/google/protobuf/releases

また、NuGetから Google.ProtocolBuffers パッケージをインストールすると protoc.exe も含まれています。

使い方
protoc.exe --decode_raw < binary_file > out.txt
作った.protoをテストする場合
protoc --decode=PackageName.MessageName MessageName.proto < decrypted.bytes > out.txt
出力結果
1 {
  1: 100001
  2: "\351\230\262\345\205\267001"
  3 {
    1: 1001
    2: "\347\201\253\345\261\236\346\200\247 \350\200\220\346\200\247"
  }
}
1 {
  1: 100002
  2: "\351\230\262\345\205\267002"
  3 {
    1: 1002
    2: "\346\260\264\345\261\236\346\200\247 \350\200\220\346\200\247"
  }
}
1 {
  1: 100003
  2: "\351\230\262\345\205\267003"
  3 {
    1: 1002
    2: "\346\260\264\345\261\236\346\200\247 \350\200\220\346\200\247"
  }
  3 {
    1: 1003
    2: "\346\234\250\345\261\236\346\200\247 \350\200\220\346\200\247"
  }
}

Androidで複数キーでソートする

Android Java

Ⅰ. はじめに

Java8で追加されたStream APIとComparatorを使ったソートはAndroid N (Android 7.0)以上でなければ動作しません。
Android N 以下の場合はlambdaで例外が発生しアプリが強制終了します。

Ⅱ. 使うライブラリ

Lightweight-Stream-API を使います。
Android 4.4.4で動作確認済みです。

略称はLSAだそうです。(ライブラリ作者がReadmeでLSAと書いている)

LSAはStream APIではできない書き方をすることができるので便利です。

例えば、以下のようにメソッドの評価結果でソートが可能です。

persons = persons
       .sorted(theComparing(comparing(x -> x.getSomething(argSomething))))
       .toList();

ラムダ式を使ったこの書き方はStream APIでも1つだけのソートであれば可能ですが、
複数キーでソートする場合は不可能です。
なんとも中途半端な作りですね・・・

// OK
persons.sort(comparing(x -> x.name));
// OK
persons.sort(comparing(x -> x.getName()));
// NG
persons.sort(comparing(x -> x.name).thenComparing(x -> x.age));
// NG
persons.sort(comparing(x -> x.getName()).thenComparing(x -> x.getAge()));

また、ixJavaなど他のライブラリもありましたが、複数キーでソートするにはLSAが最適でした。
(ixJavaはそもそも複数キーソートに対応していない)

Ⅲ. プログラム

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class Main {

  static class Person {

    public Person(String name, Integer age){
      this.name = name;
      this.age = age;
    }

    private String name;
    public String getName() {
      return name;
    }

    private Integer age;
    public Integer getAge() {
      return age;
    }
  }

  public static void main(String[] args) {

    List<Person> persons = new ArrayList<>();

    persons.add(new Person("a", 1));
    persons.add(new Person("b", 4));
    persons.add(new Person("b", 2));
    persons.add(new Person("c", 3));

    // Stream API
    // Android 7.0未満では動きません
    // import static java.util.Comparator.*;
    // persons.sort(comparing(Person::getName, reverseOrder()).thenComparing(Person::getAge));

    // Lightweight-Stream-API
    // Android 4.4.4で動作確認済み
    // import static com.annimon.stream.ComparatorCompat.*;
    persons = Stream.of(persons)
           .sorted(thenComparing(comparing(x -> x.name, reverseOrder()), comparing(x -> x.age)))
           .toList();

    // または
    //persons = Stream.of(persons)
    //       .sorted(thenComparing(comparing(Person::getName, reverseOrder()), comparing(Person::getAge)))
    //       .toList();

    for(Person p : persons) {
      System.out.println(p.name + p.age);
    }

  }
}

Ⅳ. 出力結果

c3
b2
b4
a1

自作PCを作るときにおすすめなサイト

おすすめWEBサイト

Ⅰ. はじめに

基本的に、自作PCを作るときはパーツのリストを作ってから購入に踏み切ると思います。
その時のリスト作りに役立つWEBサイトの紹介です。

pcpartpicker.com


https://pcpartpicker.com/list/

作ったリストの消費電力まで計算してくれる優秀なサイトです。

価格.com ピックアップリスト


http://kakaku.com/pickuplist/

日本人に人気のサイトです。
作ったリストに対するアドバイスが得られる場合があります。

JavaでJSONを扱う(GSONの使い方)

Java

Ⅰ. はじめに

JavaJSONを扱う方法です
最近人気のGoogleが開発しているライブラリ GSON を利用します。

C#の場合はJSON.NETを利用すれば、クラスを作らなくてもJSONをdynamicに利用したり、LINQ to Objects ができますが、Javaはクラスが必須です。

Ⅱ. 使い方

今回使うサンプルのJSON

[
  {"id": 1, "name": "name001", "age": 20},
  {"id": 2, "name": "name002", "age": 21},
  {"id": 3, "name": "name003", "age": 22}
]

1. JSONJavaのクラスに変換する

手動で変換がしんどい場合は以下のようなサイトを利用します。
http://www.jsonschema2pojo.org/
f:id:kagasu:20170310171151p:plain

2. Main.java

String strJson = "[{\"id\": 1, \"name\": \"name001\", \"age\": 20},{\"id\": 2, \"name\": \"name002\", \"age\": 21},{\"id\": 3, \"name\": \"name003\", \"age\": 22}]";

Gson gson = new Gson();
User[] users = gson.fromJson(strJson, User[].class);

for(User user : users) {
	System.out.println(user.name);
}

3. 実行結果

name001
name002
name003

Ⅲ. 参考文献

https://github.com/google/gson