備忘録

備忘録

CentOS 7.2にyumでMariaDBをインストールする

環境

* ConoHaのVPSをレンタルしています。
cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

リポジトリを追加する

最新バージョンはこちら
https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories

vim /etc/yum.repos.d/mariadb_10_1.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

yumMariaDBをインストールする

yum -y install MariaDB-server

MariaDBを起動する

systemctl start mariadb

初期設定を行う

mysql_secure_installation
(画面の指示に従う)

その他パラメータの設定

※このパラメータは適当なのでちゃんと考えて設定すること

vim /etc/my.cnf.d/server.cnf

[mysqld]
#innodb_buffer_pool_size=16000000000
character-set-server = utf8
max_connections = 10000
max_user_connections = 10000
query_cache_type = 1
query_cache_size = 512M
query_cache_limit = 128M
thread_cache_size = 1000
wait_timeout = 60
event_scheduler=ON
#datadir=/data/mysql
#socket=/data/mysql/mysql.sock

MariaDBを再起動する

systemctl restart mariadb

以上

その他設定
CentOS 7.2 MariaDB 外部接続を有効にする
http://d.hatena.ne.jp/kagasu/20160128/1453948015